土地の評価を10%下げられる場合~凹凸がある~

 今回ご紹介する土地の評価額を10%下げることができる特殊な状況の事例は「土地の凹凸」によるものです。
 土地の凹凸とはその名の通り、地盤がでこぼこしていて平らではない土地を指します。そのような土地に宅地などを建設しようとした場合、土やコンクリートなどを使用して地ならしをする工事に相当の費用と手間がかかると想定できます。
 その基礎工事を要するのが周辺宅地の中でその土地だけであった場合、隣接している他の土地と比べて著しく価値が低いと判断できる可能性があります。
 したがって同じ路線価が付された道路沿いの土地であったとしても、他の土地よりもその土地の部分の面積に対応する価額を10%下げることができるのです。
 ただしこの地盤の凹凸による土地利用の不便さが既に土地評価の基になる価額に織り込み済みである場合には減額はできませんので確認が必要になります。

執筆者:相続診断士 荒川敦子

関連記事

  1. 土地の評価を10%下げられる場合~高低差~

  2. 土地の評価を10%下げられる場合~日照阻害~

  3. 土地の評価を下げられる場合~土壌汚染~

  4. 土地の評価を10%下げられる場合~騒音~

  5. 相続財産の時価が乱高下している場合は納税額の確保に要注意!!…

  6. 土地の評価を10%下げられる場合~墓地~

お問い合わせ

お問い合わせ

札幌の優良葬儀社検索ウェブサイト
2017年10月
« 9月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031