土地の評価を下げられる場合~土壌汚染~

 まれに、有害物質を扱う工場からその有害物質が漏れ出したというニュースを耳にすることがあります。この時周囲の土壌や地下水は汚染された状態となり、汚染されていない土地に比べて著しく価値が下がっている可能性があります。

 その汚染された土地を評価する場合は「汚染がなかった状態での評価額」から「浄化や改善にかかる費用」と「使用収益制限による減価相当額」及び「心理的要因による減価相当額」を差し引くことによって評価します。

 ただし、この評価を下げることができる土壌汚染地とは「課税時期において土壌汚染の状況が判明している土地」に限られており、「汚染している可能性のある土地」には適用されませんので注意が必要です。

執筆者:相続診断士 荒川敦子

関連記事

  1. 土地の評価を10%下げられる場合~墓地~

  2. 土地の評価を10%下げられる場合~凹凸がある~

  3. 土地の評価を10%下げられる場合~高低差~

  4. 相続財産の時価が乱高下している場合は納税額の確保に要注意!!…

  5. 土地の評価を10%下げられる場合~日照阻害~

  6. 土地の評価を10%下げられる場合~騒音~

お問い合わせ

お問い合わせ

札幌の優良葬儀社検索ウェブサイト
2017年10月
« 9月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031