預金名義変更時の戸籍謄本と印鑑証明書について

亡くなられた方が所有していた預金口座の名義変更手続の際、金融機関より「戸籍謄本」と「印鑑証明書」の提出が求められますが、これらは必ず原本でなければなりません。

それでは、例えば5つの金融機関に口座をお持ちだった被相続人の方の手続きの為にそれぞれ5部ずつ費用をかけて取得しなければならないのでしょうか。

答えはNOです。それぞれ1通ずつの原本を使いまわすことができます。

これは、金融機関の窓口で原本を提出すると、銀行側でコピーを取って原本を返してくれるためです。そしてそれを持って他行へ行き、そこでもコピーを取ってもらって原本を返してもらえば良いのです。

ただ、注意が必要なのは戸籍謄本・印鑑証明書の発行日です。

金融機関によって、「発行から3ヶ月以内のもの」または「発行から6ヶ月以内のもの」という期限の定めがありますので、あらかじめ期限を確認して、手続きに行く予定をたててから、各市町村役場へ取得しに行かれることをお勧めします。

執筆者:荒川敦子

関連記事

  1. 期限のある相続手続きについて

  2. 亡くなった方の「準確定申告」も忘れずに!

  3. 金融機関が口座凍結するタイミングとその理由について

  4. 遺産分割協議をする前に知っておくべきこと

  5. 相続人になる人とならない人

  6. 相続実務~相続人に保佐人がついていた

お問い合わせ

お問い合わせ

札幌の優良葬儀社検索ウェブサイト
2017年6月
    7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930