遺産分割協議をする前に知っておくべきこと

遺産分割協議は、相続人が遺産を分割するために行う手続きです。しかし、遺産分割協議をする前には、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。以下、遺産分割協議をする前に知っておくべきことについて解説します。

相続人の確認

遺産分割協議をする前には、相続人を確認する必要があります。相続人が誰であるかによって、遺産分割協議の内容が変わってくるからです。相続人が多数いる場合には、遺産分割協議に時間がかかることがあるため、早めに相続人を確認しておくことが重要です。

遺産の評価

遺産分割協議においては、遺産の評価が必要となります。遺産の評価額が分かっていないと、公正な分割ができません。不動産や株式など、評価が難しい財産がある場合には、専門家に依頼して評価してもらうことが望ましいです。

相続税の計算

相続人がいる場合には、相続税が発生します。遺産分割協議をする前には、相続税の計算を行っておくことが重要です。相続税の計算方法については、専門家に相談するか、国税庁のウェブサイトで確認できます。

相続放棄の有無

相続人がいる場合には、相続放棄がある場合があります。相続放棄があった場合には、遺産分割協議が簡略化されることがあります。相続放棄があるかどうかは、相続人全員の同意が必要です。

相続人間の合意形成

遺産分割協議を行うにあたって、相続人間の合意形成が必要です。遺産分割協議は、相続人間で合意しなければなりません。合意形成ができない場合には、裁判所による分割が行われることがあります。相続人間で合意形成するためには、話し合いを重ねることが重要です。

遺産分割協議の方法

遺産分割協議の方法には、口頭での協議、書面での協議、仲裁による協議などがあります。遺産分割協議の方法については、相続人間で話し合って決定することが望ましいです。また、遺産分割協議には、弁護士や司法書士などの専門家の助言を受けることもできます。

相続人間の感情

遺産分割協議においては、相続人間の感情にも配慮する必要があります。相続人間の感情が高ぶってしまうと、遺産分割協議が難航することがあります。話し合いの場では、相手の気持ちに寄り添った対応を心がけることが大切です。

まとめ

遺産分割協議をする前には、相続人の確認、遺産の評価、相続税の計算、相続放棄の有無、相続人間の合意形成、遺産分割協議の方法、相続人間の感情など、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。遺産分割協議は、相続人間での話し合いが基本ですが、専門家の助言を受けることもできます。感情的にならず、公正な分割を目指して話し合いを進めることが大切です。

遺産分割についてはこちらもご確認ください

関連記事

  1. 金融機関が口座凍結するタイミングとその理由について

  2. 相続登記の申請義務化が始まります

  3. 期限のある相続手続きについて

  4. 預金名義変更時の戸籍謄本と印鑑証明書について

  5. 相続実務~相続人に保佐人がついていた

  6. 遺産分割協議のやり直し?遺産分割協議の解除

お問い合わせ

お問い合わせ

札幌の優良葬儀社検索ウェブサイト
2023年3月
« 11月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031